車 売る


車を1円でも高く売るなら車買取一括査定を利用しましょう


新車を購入するときに、下取りでは、引き取ってくれるので、便利ですが、下取り値段は決して高くありません。



車買取業者の中でも、高い値段が出せる会社と出せない会社があります。それは、中古車の流通経路に寄ります。それは、中古車を買い取って自社で販売できる会社が高い値段を出せるのです。


車の高額査定を貰える季節、時期があるのでしょうか?

実は、車が高く売れる時期っていうのがあるんです。

その時期と言うのが、
初心者ドライバーが増える4月〜7月の春から夏にかけてと、
あと9月の秋です。

査定する時期によって、
査定金額に10万円以上の差がでたりする事も多々あります。

また、時期によって、価格が上がる車があったりするんです。

春は軽自動車の価格が上がり、
夏はオープンカー、冬は4WDと、
需要に合わせて価格が上がったりします。

しかし、必ずしも価格が上がる訳ではありません。

なので、少しでも高く売りたいからと言って、
来年まで待とう、とは考えないで下さい。

価格が上がらず、また待ったお陰で年式が1年古くなってしまい、
逆に安くなってしまう可能性があります。

ですので、今すぐお金が必要だから今売ろう!と考えていらっしゃる方は、
売りたいと思った時に売ったほうがいいでしょう。

また、高額査定を貰える時期でなくても、
車検が近く、車検の費用を払うのをためらっている方も、
車を売ったほうが得だったりしますので、売ったほうがよいです。

逆に、車の査定金額が安くなる時期はいつか、
みなさんはご存知でしょうか?

実は、車の査定金額が安くなる時期は、
11月・12月なんです。

車を売る際、年式がすごく重要になってきます。

11月・12月と年末だと、すぐに年を越してしまい、
年式が1年古くなってしまいます。

そのため、年末に車を売ってしまうと、
査定金額が普通よりも10万円以上も下がってしまう事があります。

できれば、11月・12月といった年末に車の買取査定を受けるのはやめましょう。


廃車はディーラーに有料で依頼して処分してもらと言うのは昔のこと。

今では、廃車寸前の車でも、高い値段がつく場合があります。
それは、純正部品の希少性、その車のアンチーク性だったりしたときに高い値段が提示されます。



ある程度の相場(目安)はありますが、需要と供給のバランスで買取価格が決まります。12月や3月、人気車種や人気の色などによっても買取価格に変動があります。また、買取の会社の中古車の販売手法によっても買取価格が替わります。



一括査定を依頼すると、すぐに複数社から見積りが届きますが、その金額は仮査定です。複数社に査定依頼を行い、最終的に値段が折り合ったら車を売る。



車一括査定をすると、見積りが出ますが、先ほどもかきましたが、「仮査定」です。実際に査定士が車を見て査定します。車の状態によっては当初の買取価格が上下します。



車の買取査定を受ける際、保証書、整備手帳、
車の取り扱い説明書が必要になりますので、
これらはすぐに出せるようにしておくとよいです。

車検証を見ながら、メーカーや車種、型式、走行距離などを伝えます。

それに、愛車のアピールもしっかりします。
次に、査定をしてもらう会社と、査定してもらう日時を決めます。

複数の会社に査定してもらうのなら、全ての会社に同時に来てもらって、
それぞれの会社に査定をしてもらい、会社同士で査定金額を争ってもらうのもいいですね。

または、それぞれの業者に別々の日時に来てもらって査定してもらい、
じっくり考える時間を持つのもいいと思います。

いずれにしても、最終的には、査定金額を比較して、
自分が納得できる金額を出してくれた会社に買取をお願いします。

買取をお願いする際に必要な書類が、
車検証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、リサイクル券、
実印、印鑑登録証明書、買取金を受け取る銀行口座の口座番号などです。

車検証を紛失した場合は、運輸局で再交付してもらいます。

印鑑登録証明書は、車の名義変更と譲渡証明書に必要となってきますので、
発行1ヶ月以内の印鑑登録証明書を2通用意しておきます。

車を売りたいと考えている方は、
必要書類をきちんと準備してから車の買取査定を受けましょう。




一括車査定を利用し、その中から値段と対応のよさそうな複数社へ実際に車の査定を依頼します。査定当日までに、簡単に直せるところは直し、車を丁寧に洗い、車の良いところをリストアップする。



車の買取査定をしてもらう際、
業者は一体どこを見て査定しているのでしょうか?

車を売る側からすると、知っておきたい点ですよね!
知っておくと、少しでも高く売ることができますから。

業者がどこを見て査定しているのかをご紹介したいと思います。

まずは、車種や年式、車のグレード、走行距離、車検、エンジンルーム。
それに、車体に傷や凹みがないか、色があせていないかどうか。

車内はきれいか、臭くないか。車両が傾いていないかや違法改造していないか。

ナビやオーディオなどのオプションがあるかないか。

パワーウィンドウやオーディオなどの装備品がキチンと作動するか。

過去に事故を起こしてないか。今までに車を修理したか。

トランクルームに荷物が乗ってないか。

スペアタイヤのチェック。

車の取り扱い説明書、
整備手帳があるかどうか。

などなど、沢山チェックする点があります。

普段からしっかりと整備している車だと、
査定額が上がるでしょう。




車一括査定サービスの流れ
@ネットで車一括査定サービスに依頼

A複数社から見積りが届きます。

B対応や見積金額から複数社に実際に査定依頼します。

C査定中の提示金額を元に買取金額を高くする交渉をするが、その場では決めない。

D最終的に値段提示の高いところに依頼する。





高額査定純正部品

買取査定では、純正の方が高く買ってもらえるのでしょうか?みなさんも、純正の方が高く売れるって聞いた事ありませんか?

実際のところはどうなんでしょうか。

ナビやオーディオなどの買取基準は、純正か社外品かではなく、インダッシュなのか、外付けなのか、だそうです。なので、ナビやオーディオなどは、基本的には、純正であっても社外品であっても特に変わりはないみたいです。

では、オプション品はどうなのでしょうか?

実際、オプション品も純正の物であっても、社外品であっても、特に変わりはないそうです。ただし、純正を好む業者さん、社外品を好む業者さんがいらっしゃるので、業者さんによって違ってくるみたいです。

また、純正か、社外品かではなく、傷や汚れがないか、ちゃんと作動するかが問題だそうです。そして、古い物よりも新しい物の方が高く買い取ってもらえます。

アルミホイールも、サイズやデザインが4本全て揃っていれば、これも高く買い取ってもらえるポイントとなります。もし、アルミホイール4本の内、1本でもサイズやデザインが違っていて、傷があったり、変形していたりしたら、それはマイナスポイントとなってしまいます。なので、純正の物の方がよいと思います。

ハンドルやマットも純正の物の方がよいので、変えていらっしゃる方は、純正の物に戻しておきましょう。

純正の方が高く買い取ってもらえる部品もあるため、社外品に取り替えたとしても、純正品はきちんと取っておいてください。



査定臭い

長年乗ってきた愛車を高く査定してもらうために注意したいことの一つに、臭いがあります。臭い、普段乗っている車は自分では気がつかなかったり、気にならなかったりするもの。

しかし、自分では気にならなくても他人は別です。

車内は密閉された空間になるので、以下のような臭いは注意したいですね。
・タバコの臭い
・香水の臭い
・芳香剤の臭い
・ペットの臭い

特にタバコの臭いは頑固でなかなか落ちない上、タバコの臭いが嫌いという人も結構います。しっかり落とさないと、マイナス査定になるのは言うまでもありません。

近年は、タバコに効果があるという消臭剤も出回っていますが、それでも完璧に落とすには多少時間がかかるようです。そのため、愛車を手放す数ヶ月前から車内ではタバコを吸わないといった対応も必要です。

香水の臭いや芳香剤の臭いは、自分では良い香りと思っていても人によっては好きではないということがあります。もちろん、ペットの臭いもしっかり落とさなければなりません。

日ごろからこまめなクリーニングを心がけることが大切ですが、査定前で臭いが気になる場合は、風通しをよくして天日干しをしたり、脱臭剤や消臭グッズなどを使って落とします。

ここで使うのはあくまで脱臭剤や消臭剤であり、芳香剤ではありません。

臭いを臭いで消すのはなく、臭いは元から絶つことが大切です。

脱臭剤や消臭グッズはカー用品ショップやホームセンターなどに行けばいろいろ販売されているので、臭いに対応したものを利用するといいでしょう。



査定改造車

改造車とは、販売店やディーラーから買った車やバイクに何らかの手を加え、買ったときとは異なる状態にしたことを言います。

改造は、合法の範囲内である改造、いわゆるチューニングであれば届出は必要ありません。でも、そうでない場合は、構造等変更検査を受けて改造内容の認定を受ける必要があります。

改造車を買い取りに出す場合、この構造等変更検査に合格している車であることが最低条件です。しかし、たとえ法律の範囲内であったり、構造等変更検査に合格していたとしても、一般的な中古車買取業者での改造車の売却は不利です。

うっかりディーラーなどで下取りに出そうものなら、非常に安く査定されてしまいます。

では、改造車は安く買い叩かれることを甘んじて受けなければならないのかというと、そんなことはありません。

改造車専門買取業者がいるのです。

改造車専門買取業者は、カスタムカーやドレスアップ車の販売に力を入れており、やってくる客もそのような車を求めている人がほとんど。そのため、一般的な中古車買取業者よりも高額で査定してくれるところが多いようです。

とはいっても、どのような改造車でもいいのかというとそうとは言えません。

ポイントは車検に対応しているということで、車検適合パーツを利用していることが重要です。そうでない場合はノーマルに戻さなければならないこともあるので、まずは買取専門店に相談することをオススメ。

なお、改造車の査定は、業者によりバラつきがあるので、複数の買取業者に査定してもらったほうがいいでしょう。



故障車の査定

故障して動かない車、車の持ち主としては廃車を考えるのが普通ですね。

でも、ちょっと待ってください。

中古車買取業者の中には、故障車の買取を専門としている業者もいるのです。

故障して動かない車でも、まだまだ十分に価値はあります。

特に日本車は海外での評価が高いため、故障車でも修理すれば発展途上国では十分に活躍していけるのです。また、パーツ取りに使うこともでき、日本の車の部品は海外では需要があります。そのため、故障車専門の買取業者にとっては、たとえ動かない車でも十分にお宝なのです。

まったく価値がないだろうと思っていた故障車が、思わぬ高額で買い取ってもらえることもあるので、最初から諦めずに、査定に出しましょう。ただし、査定は業者により異なるので、1社だけに見積りを依頼するのではなく、複数の故障車買取業者に依頼することをオススメします。

ここで注意したいことが一つ。

故障車買取業者には悪徳業者が多いということです。

故障を抱えた車は、売れないとか二束三文にしかならないと思っている客が多く、業者はそのような客の心理状態を知っていて、それに乗じて査定額を安くしてくることもあるのです。

そのような業者にだまされないためにも、複数の業者に見積もりを依頼するのは重要です。それに、見積もりを依頼する前に、オンランの査定サービスを利用して愛車の相場を調べてみるのもいいでしょう。



高額査定の車種

査定では、いくつかのポイントがあります。その中の一つが車種です

。当然のことながら、中古車市場で人気のある車種は査定が高くなり、そうでない車種は査定が低くなります。では、どのような車種が中古車市場では人気があるのでしょうか。

現在、中古車市場でもっとも人気があるのが、軽自動車です。

昨年の震災以降、軽自動車の人気はうなぎ上り。特に人気のある車種は、ワゴンR、ムーヴ、ジムニー、ライフ、ekワゴン、ミラ、タントなど。

状態が良いものであれば、市場に出るとすぐ売れてしまいます。

これらの車種でなくても、軽自動車なら、新車販売から1年以内で、走行距離1000km未満であれば、ほぼ新車価格と同じくらいの値段で販売されるようです。

軽自動車を下取りに出そうと思っている人、自信を持って出してください。

一方、セルシオ、センチュリー、シーマ、ソアラ、プレジデントといった高級車も高い査定がつきます。これは、新車は無理でも中古車なら買える、という人が多いため。同じような理由から、NSX、RX−8、GTO、ハイブリッドカーなども人気車種です。

ミニバンやステーションワゴンといったファミリーカーも、使い勝手のよさや経済的なことなどから人気が高いです。主な人気車種には、ノア、ステップワゴン、パッソ、ウィッシュ、ストリーム、セレナなどがあります。

以上は国産車で高く査定してもらえる車種ですが、外車の場合はどうなのでしょうか。

外車で圧倒的に人気があり、査定が高いのがメルセデスベンツです。

コンパクトなAクラス、ラグジュアリーなSクラス、スポーティーなSL、上級高性能モデルのAMG、シティーカーのスマートなどさまざまなモデルがありますが、いずれも人気が高いものばかりです。ほかに、BMW、VW、ボルボなども査定の高い車種と言えます。



査定金額の決まり方について

買い取りに出したとき、査定額が決まる要素は、一般に車種、年式、グレード、走行距離と言われています。

車種とは、需要の少ないものよりは需要のあるもののほうが高い査定がつくのは当然のことですね。

また、人気モデルや希少車種なども高値で買取してもらえます。

昨今はガソリン代の高騰や長引く不況などから、軽自動車に人気が集まっており、査定額も高いようです。

年式は、新しいのに越したことがないのは当然ですね。

しかし、単に新しければ高くなるのかというとそうとばかりはいえません。

ポイントはモデルです。

基本的にフルモデルチェンジ後のほうが査定は高くなり、次いでマイナーチェンジ後になります。同一モデルであれば、走行距離が少ない車のほうが査定は高くなります。

ボディカラーも査定に影響します。中古車市場で人気のある色とそうでない色とでは、十万円単位で査定価格が変わってしまうこともあるほどその影響は大きいものです。どのようなカラーが人気なのかというと、車種による違いはありますが、一般的には黒、白、パール(白系)などは査定が高く、茶色、緑、黄色、薄紫などは、残念ながら低い査定となります。

それに、同じ車種でもグレードによっても査定額は違ってきます。

中古市場で人気のあるグレードが当然、査定は高くなるわけです。そして、走行距離、これは少ないほうが高い査定がつくのは当たり前ですね。ほかにも、修復歴や装備品、後付部品、外装のキズや凹み、内装の汚れ、臭いなども査定に影響します。修復歴はきちんと取っておき、装備品や部品はできれば高額査定がつくものがオススメ。車の掃除やメンテナンスを定期的に行い、丁寧に乗っていれば査定額は高くなります。



事故車は買い取ってくれるのか?

事故車は買い取りに出せない、なんて思っている人いませんか。それはとんだ思い違いです。事故車でもちゃーんと買ってくれる専門のところがあります。

現在、日本国内、海外に関わらず、リサイクルが注目されています。そのため、事故車の中古パーツの需要が高まっており、事故ったからもうダメだと諦めていた愛車が、意外なほど高値で売れたりすることもあるのです。

事故車を売却する際、もっとも避けたいのが、ディーラーに下取りとして出すこと。ディーラーは購入した事故車を、事故車買取専門業者に売却しているそうです。

つまり、安い金額で買い取った事故車を事故車専門業者に売却することで、利益を得ているというわけですね。だったら、直接事故車買取専門業者に売却したほうがいいのは言うまでもありません。ただし、査定は業者により異なるので、複数の事故車買取専門業者に査定を依頼することをオススメ。

また、事故車の買取では悪徳業者が多いので要注意。

依頼する業者がどのような業者か、口コミなどをしっかりチェックしましょう。

一方、事故車は修理してからのほうが査定が高くなるのでは、と考える人もいるかもしれませんね。確かに修理をしたほうが査定は上がります。しかし、事故車の修理代は結構高くつき、査定が上がって高く売れたときの金額の比ではありません。

もっとも、知り合いに安く修理をしてくれる人がいる場合は別ですが、そうでない場合は、事故車は修理をせずそのまま買い取りに出すことをオススメします。

ただ、掃除など自分でできることはきちんとしてから出すようにしましょう。



高額査定ヒントについて

自分の愛車を手放すとき、少しでも高く買い取ってほしいと思うのは、誰もが同じことですね。愛車を高く査定してもらうには、それなりのコツがあります。そのコツを知っているのとそうでないのとでは、数万円から数十万円もの差がついてしまうことも。

では、愛車の査定をアップさせるにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

まずは、掃除です。査定人は車内の状態を特に重視します。丁寧に乗られた車であるかどうかは、車内を見ればわかると言われています。やはり、大切に乗られた車は査定が高くなるようです。

丁寧に掃除機をかけ、紙くずや髪の毛などは残さないように。ダッシュボートやガラス窓はきちんと雑巾で拭き、シートの下も忘れないこと。ウィンドウなどに貼ったシールもきちんとはがしましょう。それと忘れてならないのがトランク。いらないものは全部だし、ペアタイアと工具だけにします。ボディは、汚れていたら洗車をすること。できればワックスがけもするといいですね。

ただし、小さなキズがたくさんあるときは、洗車をしないほうがいいこともあります。というのは、洗車をするとキズが目立ってしまうから。しかし、あまりに汚れがひどい場合は、やはり洗車をすることをオススメ。

たくさんある小さなキズは、市販されているコンパウンドや補修ペイントで直す方法もありますが、これは腕に自信のある人にだけオススメします。

そうでない場合、逆にキズが目立ってしまうこともあります。

一方、板金修理しなければならないような大きなキズや凹みは、修理代のほうが高くつくので、そのままの状態で査定をしてもらったほうがいいでしょう。



高額査定ヒントについて

自分の愛車を手放すとき、少しでも高く買い取ってほしいと思うのは、誰もが同じことですね。愛車を高く査定してもらうには、それなりのコツがあります。そのコツを知っているのとそうでないのとでは、数万円から数十万円もの差がついてしまうことも。

では、愛車の査定をアップさせるにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

まずは、掃除です。査定人は車内の状態を特に重視します。丁寧に乗られた車であるかどうかは、車内を見ればわかると言われています。やはり、大切に乗られた車は査定が高くなるようです。

丁寧に掃除機をかけ、紙くずや髪の毛などは残さないように。ダッシュボートやガラス窓はきちんと雑巾で拭き、シートの下も忘れないこと。ウィンドウなどに貼ったシールもきちんとはがしましょう。それと忘れてならないのがトランク。いらないものは全部だし、ペアタイアと工具だけにします。ボディは、汚れていたら洗車をすること。できればワックスがけもするといいですね。

ただし、小さなキズがたくさんあるときは、洗車をしないほうがいいこともあります。というのは、洗車をするとキズが目立ってしまうから。しかし、あまりに汚れがひどい場合は、やはり洗車をすることをオススメ。

たくさんある小さなキズは、市販されているコンパウンドや補修ペイントで直す方法もありますが、これは腕に自信のある人にだけオススメします。

そうでない場合、逆にキズが目立ってしまうこともあります。

一方、板金修理しなければならないような大きなキズや凹みは、修理代のほうが高くつくので、そのままの状態で査定をしてもらったほうがいいでしょう。



売却した後の手続きの一つに車両入れ替えがあります

売却した後の手続きは車両入替


様々な車種があります。
自動車保険の等級制度での引継ぎができない車種があります。
端的にわかりやすいのが、バイクと車では車両入れ替えはできません。

車両入替とは、同一用途・車種区分に該当する新規取得自動車または、
ご契約のお車が廃車・譲渡・返還、東南、一時抹消された場合の
他の自動車へ変更する場合を言います。

車両入替の用途車種区分表

・自家用普通乗用車
・自家用小型乗用車
・自家用軽四輪乗用車
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
・自家用小型貨物車
・自家用軽四輪貨物車
・特殊用途自動車(キャンピング車)

上記の中でなら車両入替、つまり等級制度の引継ぎができます。

車両入替の手続きは、代理店または保険会社へ車検証をファックスし
代理店または保険会社が契約内容変更書類を作成し打ち合わせをして手続きとなります。

車両入替を忘れていても、新規取得自動車に乗り換えてから
30日間は補償があります。

でも、車両入替は、車検証があればあらかじめ手続きができますので、
忘れずに行いましょう。


自動車保険の等級制度は、最初6等級からスタートし
最高20等級まであるのです。

保険事故があった場合、通常3等級ダウン
保険事故が無ければ、1等級上がります。

愛車を売却した後、中断証明書発行以来すると
自動車保険の等級が継承できるのです。

この証明書は向こう10年間自家用8車種同士であれば
その時の等級を引き継ぐことができるというものです。

但し、中断証明書本紙をなくしたら、再発行はできませんし
等級を引き継ぐことができません。

必ず、中断証明書本紙を大切に保管しておきましょう。

一般的に中断証明書発行は、その事実から5年以内であれば
発行依頼できます。



下取りと買取りの違い

新しく車を購入しようとしたり、
乗らなくなったので処分しようとしたりするときに
皆さんはどのようにして車を売却しますか?

売却の方法には下取りと買取りがありますよね。

でもこの下取りと買取りの違いや
それぞれのメリットとデメリットを皆さんはご存知ですか?

今回はこの車を売る時の下取りと
買取りの違いなどをご説明したいと思います。

下取りと買取りの違いとして
まず上げられるのが査定額の違いです。

下取りのメリットは車を購入したお店に
車を売却することで素早く車を売却することができ、
売却にかかる手間や時間を省くことができることです。

しかし、下取りで車を売却すると
中古車買取り業者よりも査定額は安くなってしまいがちなのが
下取りのデメリットといえるでしょう。

また買取りのメリットは査定額が下取りよりも高いことであり、
売却する車が人気の車種であればかなりの高値で売却することができることです。

ただ買取りは相場変動が激しく、
売却時期によって査定額が大きく変動するのがデメリットです。

車を売るときには下取りと買取りどちらの方が
自分にとって得なのか、よく検討してから決めてみてください。


 

サイトマップ